野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2005年05月04日

松花堂弁当

盛岡の桜花見には、お花見弁当。松花堂弁当など持ってという方も多いことだろう。
ところで、松の花のとステキな、いかにもお花見のおでかけにぴったりのこの名前、実は人の名前だったとご存知の方は少ないのではないだろうか?
京都八幡市(やわた)石清水(いわしみず)八幡の僧侶であり、書画にも優れ、特に書は寛永の三筆と称された、松花堂昭乗。この昭乗が使っていた硯箱の仕切りをうまく利用して、お弁当にした。
ごはんが1/4、おかずがたっぷり、バラエティーに富んで入っているのが嬉しい。

お花見に、まるでキャンプのような装備で、モクモクと焼肉に興じているグループがたくさん見られるが、桜の花に、焼肉の匂いはふさわしくない。どうぞ綺麗な松花堂弁当を持って、はらはらと散る花を愛でてください。
あっ、私の地方今がお花見真っ盛りなもので。

trackbacks

trackbackURL:

comments

松花堂弁当の「松花堂」が、人の名前だったなんて知りませんでした。何とも美しい名前なので、お弁当のために付けたのかと思っていました。硯箱を使ったというのも以外ですね。そういう私は、先日のお花見でモクモクと焼き鳥をしてしまいました。せっかくの桜を煙り臭くしてごめんなさい。次はぜひ松花堂弁当で風情あるお花見をめざすわ。

  • hiroko
  • 2005年05月05日 23:06

うーん・・・
川原で釣った魚を塩焼きにする、牧場でバーベキューをする、山で芋やきのこを焼く、どう?

  • kaoru
  • 2005年05月05日 23:24

そういう風情もありですね。ちなみ場所はお池でしたが、池にいた水鳥にはいっさい触れていません…。あしからず。

  • hiroko
  • 2005年05月05日 23:37
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form