野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2005年06月27日

じゃがりこ ジュラシックソルト

使用されているのが、アメリカユタ州の岩塩。
かつて恐竜が生息していた紀元前のジュラ紀、ユタ州は海の底だった。その地層からとれた岩塩それが「ジュラシックソルト」なのだそうだ。

じゃがりこ ジュラシックソルトうーん、確かにジュラ紀の味が・・・ってわかんないよー。でもいつものじゃがりこより、マイルドでビリツキ感のない味である事は確か。
じゃが芋も甘く感じる。

私もこの頃は、ヨーロッパの岩塩をケーキを作る時に使用している。
野菜スープだって、野菜に先に、岩塩をまぶして、じんわりと野菜が汗をかかせてから、水を入れて煮込むと、旨味が出て、ブイヨンいらずで美味しくいただける。こうやっていただくと、塩って素材の味を引き立てる物じゃないといけないって気がする。

今年のスイーツの波は「塩味」。
東京へケーキを食べに行く?じゃなくて、仕事に行くついでにケーキを食べに行くという生徒さんに、塩ケーキなるものを食してくるようにと、お願いした。
数箇所まわったものの、甘味を引き立てる為の塩使い、煮物にパッと塩を一振りすると、甘さが引き立つというような使い方が多く、予想していた、カリッと塩があたるという物ではなかったとのこと。

塩がカリッとあたるチョコレートがあるらしい。
甘くてしょっぱい、絶妙なコンビネーションに会いに行かなきゃ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form