野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2005年08月17日

オレンジティー

ティーカップに輪切りのオレンジが浮かび上がり、まるで花園のような豪華さがあるところから、インドにあるシャリマという花園にたとえられて、シャリマティーとも呼ばれる紅茶。

オレンジティーフレッシュフルーツティーの講習で、取りあげた。
紅茶の香りは、まるでブーケのような甘い香り、「フラワリー」とか「フルーティー」とかよく言われるが、これが、フレッシュなフルーツとよくマッチすることから生まれた、フレッシュフルーツティー。
あくまでも紅茶がメイン、フルーツの味や香りは、違和感が無く、相乗効果が期待できるもので無ければならない。
試してみて、分かりやすく、美味しいと感じたのが、このオレンジティー。
又、カップにセットしておいても、みずみずしさが持続し、変色も無いので、ワインで色止めを考えなくてもよい。
お湯の中に入れても、果肉がボヤボヤと崩れていかないものであれば、基本的には何でも使えることになる。

「レモンティーって、紅茶に入れたときの、あの酸っぱさがいやで、どうして紅茶にわざわざ入れるのかなーって思っていたのですけど、これなら美味しい」と生徒さん。

アイスティーと違って、温かい紅茶に入れた果物は、決して美味しいものではないので、カップに残して。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form