野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2005年10月05日

パンプキンパイ

秋は実りの季節。色も香りも食べ頃サインを、果物も野菜も発する。
「あのね、果物は、私達に食べて欲しくって、熟すんじゃないんだよ。鳥に食べてもらって、種を遠くまで運んでもらう為なんだよ。」
なるほどね。鳥がついばんでいる実を、横取りして食べたらそれが本来の一番の食べ頃なのかも知れないんだ。

パンプキンパイ畑にごろごろなっているかぼちゃも、芋もきっとそう。熊やサルが持って行くのを横取りすれば、きっと一番美味しいはずに違いない。命がけだけど。
なんて考えながら、今日のかぼちゃは、ほっくりしているかしら?甘味はたっぷりかしら?と包丁を入れる。
21cmのパイ皿に、ざっと半分のかぼちゃがフィリングとなって入る。
かぼちゃはラップをし、レンジで加熱。スプーンでかき取るようにすると、薄く皮が残るだけで、たっぷり実が取れる。厚いうちに、砂糖と、ちょっとコクを出す三温糖、牛乳、生クリーム、卵、オールスパイスとじゃんじゃん加えていく。パイとは言うものの、パイ皿の底に、バターを塗って、ビスケットを砕いたものを簡単にベースにして、生地を流した。
こんがり焼き色が付いたその姿は、スイートポテトより、少しオレンジがかった黄色。
シンプルなかぼちゃの味わいが出ている。
これもいいけど、スパイスをもう少し効かせて、クリームチーズと一緒なんてのもいけそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form