野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2005年12月03日

クリスマスショートケーキ

クリスマスケーキ、お誕生日ケーキといったスペシャルコースでは、個人的にスポンジを焼く事があったが、通常のコースでは、ムースの下に敷きこんだりと、利用している割には、ちゃんと講習をしたことが無い、共立てスポンジ。
8年目にして、やっとメニューに登場した。

クリスマスショートケーキ卵に砂糖を加え、湯煎にあてながら、充分に泡立て、白っぽく、もったりとしたら、振るった小麦粉をサックリと混ぜ、溶かしバターを加え、型に流し、170度で25分焼く。
と、書いてしまえばこれだけなのだが、膨らまない!、底がバターでべとつく、固い、とまあ厄介なのがこのスポンジ。
このレシピにはなかなか書き表すことのない、湯煎にいつまであてるのか、もったりの具合とは、サックリって、溶かしバターはレンジでいいの、型に流す時のポイント、とまあ一緒に作ると、へーが、満へいになっちゃうくらいある訳。

今日1日目の方たちは、上手に膨らんだので、3枚にカットして、デコレーションをした。
このカットにも、へーがあるのだけれど。

さてさて、いちごは春まで待つことにした、今年のクリスマスケーキ。
間には、キュウイの緑、瓶詰めのアメリカンチェリーのダークな赤、白桃の缶詰の白、ドライいちごを戻した赤の小切りのクリスマスカラーが散りばめられている。
デコレーションは、サンタの森。雪が付いた枝と、雪が落ちた枝をプレッツェルで、スターアラザンで降ったばかりの雪を作り上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form