野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年01月24日

白菜のはさみ煮

「わー、さすがママ、リッチな食材がきたぞー!」
とスーパーの袋の中の食材を見て、東京で暮らす男連中が歓声をあげた。
キャベツ、白菜、かぶ、たけのこ・・・今をときめく、高級食材たちだ。

白菜のはさみ煮のフライパンの中一緒にいる頃には、野菜の高騰だの、卵の日に駆けずり回っているだの、そんなことに無頓着な男連中も、スーパーに自分が足を運ぶようになって、お財布の紐が、すっかりかたくなった。
野菜を食べさせたいという気持ちはもちろんだったが、タイムサービスのキャベツが1玉100円、白菜1/4玉50円、かぶ6株78円、たけのこ1つ50円と、買わずにいられようかというお値段だったのだ。

さて、この白菜はそのままラップをしてレンジで3分加熱。しんなりしたところに、鶏の挽肉に、塩コショー、木綿豆腐1/4丁を加えよく練ったものを、間に片栗粉をまぶしながら挟みこみ、もう一度ラップして5分加熱。
これを中華だし、醤油、酢で作った汁の中で、時折返しながら火を通していく。
たけのこ、しいたけ、玉葱などあり物野菜をスライスして一緒に煮込み、最後にとろみ付けの片栗粉。

白菜のミルフィーユとでもいったところ。
もう、白菜にも、肉にも火が通っているので、味が馴染めば出来上がり。
煮込むとパサつきがちな挽肉も、豆腐のふんわり感で、しっとり。
食べる時に、人数分に切り分けて、貝割れなんかを散らしてみたら、アラッ、ご馳走!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form