野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年02月24日

いちご

盛岡で露地物のいちごが手に入るのは、4月末から5月頃だろうか。
ほとんどがハウス栽培になってしまったいちごは、旬が、12月から3月とも言われている。
特に日本では、クリスマスケーキに欠かせない素材だけに、その頃に美味しいいちごを作ることが、生産者の使命になったのだろう。

いちご
「ずーっと、食べていると、本当に味の濃い、露地物が手に入る頃には、子供も飽きちゃってるんですよね」
確かに!
しかも、「あまおう」を代表とする、大きないちごが出回ると「大きいいちごを入れてねと、お弁当に催促するんです。」
確かに!
久しぶりに作った、もも色マーブルケーキ。ちょうどいちごをいただいたので、今日は添えてみた。
2種類のとちおとめをいただいたが、これでも小さいほう。大きいほうは、なんだか中が真っ白で、味もぼんやりしていた。
「露地物で造ったピューレを入れたら、食紅を使わなくても、生地がピンクになるんじゃないかしら。」
確かに!

ランナーが伸びて、次々と増える。
そんなところから、草のお母さん!だからいちごは、「苺」って書くのね。
中まで真っ赤な、酸味もあるいちご、そんな季節が待ち遠しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form