野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年03月07日

冬を越した紅玉

冬の間中、次々と品種を変えて出回るりんご。
でも、お菓子にして一番美味しいのは、何と言っても紅玉。でもこの紅玉、なかなかうまく保存が出来ない。
「冬中、紅玉が使えたら、りんごのお菓子、もっと作り続けられるのに・・・」という私のぼやきを、一緒にベジフルの講座を受講した峰崎さんが聞き逃さずに、冬中保存に挑戦してみてくれた。

冬を越した紅玉先日私の自宅の冷蔵庫のりんごも、少し柔らかくなってはいたものの、半分は生き残っていた。
ところが峰崎さんの家の、子供部屋位はある冷蔵庫から出てきた紅玉はピピーンとしていて見るからにみずみずしい。
紅玉ですら甘さを求められるこの頃、渋味が取れて赤さがやっと付いたギリギリを保存してもらった。
ウーン酸っぱい。
これなら来年は、3月までりんごのケーキが作れる!

りんごのジャムも峰崎さん特製。これを使って、スイーツが提案できたらとそそる味と色だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form