野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年03月28日

ウェッジウッドのアッサム

英国陶工の父、ジョサイア・ウェッジウッドが、29歳の若さで創立した。
ウェッジウッドと言えば、ワイルドストロベリーや、ナポレオンアイビーなど紅茶好きならずとも、「あー、あの陶器ね」とご存知の方が多いはず。
今日のアフタヌーンティーのテーブルには、ウェッジウッドのもう一つの自信作、紅茶を揃えた。

ウェッジウッドのアッサム
サンドイッチと、スコーンの濃厚なクロテッドクリームを流す為に、ピュアーアッサムのイングリッシュミルクティーをチョイス。
ブロークンオレンジペコーなので、茶葉は普通盛りで4杯、熱湯を一気に1050cc。
おかわりして、たっぷりいただけるよう準備した。
綺麗なジャンピングもご馳走。みるみる色が抽出される。

以前、「世界の3大紅茶にアッサムが入らなかったのは、本当にに残念」と言っていた、磯淵先生の言葉を思い出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form