野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年04月08日

イチゴミルク

冬場のイチゴは食べない!と心に誓って、口にしたのが、県産のさちのか。
こんなにイチゴって味が濃くって、青っぽい味がするものだったのかと改めて感じることが出来たのは、ずーっとイチゴを封印していたから・・・いえいえ、やはり頃とたて。
食べ頃にとれたてをいただく、これが美味しいのだ。

イチゴミルク
これだけ味がしっかりしていると、ギューっと潰して、牛乳でいただきたくなる。
甘酸っぱい香りと、真っ赤を通り越した赤い汁がどんどん出る。
これなら牛乳を加えてもこんなにピンク色。
これから県産イチゴも桜前線同様、5月中旬まで北上する。
小さいイチゴがころころ出回ったら、ジャムもいただきだ。

頃を待つ。
美味しく食べる鉄則だったんだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form