野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年04月16日

ビーフのサンドイッチとスイートオレンジワッフル

磯淵先生のセミナーは、お話ももちろんだが、今日は一体どんな紅茶と、何をペアリングするのかがわくわくする。

ビーフのサンドイッチとスイートオレンジワッフル
今日の藤沢は、盛岡をちょっと寒くしたような、肌寒い小雨。
駅から、ディンブラの会場まで、つま先がルンルンしながら、ちょっと早足で向かうのだが、今日は早く温まりたいそんな気分。
迎えてくれたのは、DJ1。試し摘みのダージリンだ。
昨年のものに比べて、ボディーがちょっと弱い気がしたが、「去年の出来は、良かったからね」と先生のコメントも一緒で、オッ、私の感覚もちょっとづつアップしているかなーなんて、思った。
雨が降らなくて、例年より10日遅れての収穫となったDJ1。今年も春が来た。

今日のテーマは紅茶のアメリカ事情。
歴史に始まり、現在の紅茶がアメリカに定着するまでを、勉強した。
健康、ヘルシーが大好きな国民性ゆえ、紅茶よりも緑茶を最近では好むこと、紅茶もブラックではなく、機能性のあるハーブを組み合わせることなど、創造性にも注目した。

そこで今日は、キャンディーをベースに、マルベリー、ローズヒップ、レモングラスをブレンドした紅茶に、ビーフのサンドイッチとスイートオレンジのワッフル。
「とにかく、アメリカ人は、ステーキを食べるんだよ」
ということで、アメリカをイメージしたら、このサンドイッチになったのだそうだ。
デミグラスソースに隠し味の、トマトケチャップ、ソース、醤油、ブラックペッパーで、牛肉に味がついている。ワッフルは、シロップ漬けのオレンジとグレープフルーツと、クリームを一緒に挟んである。

すぐ、家でトライのレシピだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form