野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年05月30日

オオナルコユリ

野菜ソムリエの仲間から、珍しい山菜が送られてきた。
「北上のアスパラは最高だよ」と聞いていたので、もちろんアスパラは注文しておいたのだが、今の時期、たった1週間だけしか出回らない山菜を、まず送ってくれた。

右側がオオナルコユリこの「オオナルコユリ」、ユリ科の宿根層で、山野にまばらに自生しているのだが、何しろ数が少ない。しかも収穫時期がごく短いことから、幻の山菜と言われているのだそうだ。
食べ方は、アスパラガスと同じように考えると良い。
湯の中にはなした瞬間、プーンとしどけのような、アクの強い香りがするのだが、すぐに甘い香りが漂う。
皮を剥いたわけではないのだけれど、火が通ると、さーっと鮮やかな緑色になる。
もの凄く甘いとうもろこしのような甘さと、ちょっとぬめりのある食感。
「サッと茹でて、1週間位、醤油とみりんに漬けるのもよい」とあるのだが、あーそのまま、幻の山菜はお腹の中に消え去っていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form