野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年06月20日

トード・イン・ザ・ホール

ミートティーにもあう塩味のお料理を、今月の紅茶ステップアップコースで作る。
トード・イン・ザ・ホール。
ソーセージの味だけではなく、パイ生地も一緒にいただくので、なかなかのボリュームだ。


さて、この名前。
穴の中の???英語の辞書を引いてみる。
トード、トードっと。グェー、ヒキガエル!
なぜゆえ、穴の中のヒキガエルというネーミングになったのか?
もしかして、昔はカエルの肉を使ったとでも言うのだろうか?

でも、パイ生地に卵を塗って、ソーセージをのせて焼くだけ。お好みでハーブ類を適当に。
仕上げに、カラフルなビーンズと、ブラックオリーブを飾ったら、おっしゃれーに出来上がった。

それにしても、どうしてトード?
ピーターラビットに聞いてみよう。絵本に出てくるお料理らしいので。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form