野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年07月20日

inスリランカ その4

スリランカの、光や風や緑や星空やそして満月は、気持ちをオープンにした。
スリランカの音楽は地をはってくるような、そんなビートがあり、身体に染み入る。
スリランカでの最後の夜に聞いたピアノは心に染みた。

いちごのデザインのポストカード
バーの手すりにもたれて、ピアノを聴いていた。
静かにリズムを刻みながら、歌詞を口ずさむ。
手すりをとおして、別のリズムが響いてきた。振り向くと素敵な初老の紳士が指でリズムを刻んでいた。
何曲聴いただろう、耳慣れたイントロが流れてきた。
♪やさしく歌って 私のために?
心のままにピアノの傍らで歌った。

って、今思うと、連れ出されないでよかったねぇ、ハッハッハッ!
でもね、バーにいらしたお客様から、拍手をいただいた。
決して旅の恥は何とかではなく、本当に心のままにだった。

皆はマントラビニアホテルの特製カクテル、オレンジ色のマントラビニアカクテルなんか飲んで、いい気分は分かるけど、レモネード1杯で、こんな気分になれる私って・・・
なんて、つらつらと思いながら、最後のパッケージングをする。
ホテルの部屋の備え付けのポストカードをフッと見ていたら、ウォー、これどっかで見たことある!!
ママスタ、いちごのワインゼリーの時の盛り付けじゃ?ん。
こんな遠くの地で、同じデザインを考えていた、そんなスリランカに、素面で乾杯!

横で寝ていたルームメイトが、
「どうやって、入ったんですか??」
「どうやってって、あなたが、鍵開けてくれたのよ!」
「えーッ!覚えてない!!」
「グエッ、覚えてないって・・・」
最後の最後まで、旅は目がはなせない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form