野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年07月21日

夏のデザートバイキング

メールだけで伝えきれない思いを伝える為にと、待ち合わせにデザートバイキングを選んだ!選んだ?
90分1本勝負!気合を入れて食べるぞっと挑むところだが、うーん、スリランカのあの思いを伝えねば・・・
食べて、しゃべって、時に聞いて、そして、ケーキの味の分析や、作り方もレクチャーしながら、やっぱり、食べる、食べる、食べる!!

夏のデザート
夏向けデザートとあって、目に飛び込む色は、うーん、スリランカ。
マンゴーソースのかかったパンナコッタ、パイナップルののったチーズムース、カスタード風味のムースの上には、まだあおいブルーベリー。チュルチュル透明ゼリーの中には、トロピカルフルーツが、オオッ、酸っぱい。チョコレートムースもほろ苦く、これだけ食べてくると、次に口に入れたチーズケーキは、甘さよりむしろ塩味が感じられた。
フルーツの盛り合わせの中のメロンは、スリランカよりはるかに甘い。
パパイヤ、マンゴー、パイナップルは圧倒的にスリランカの勝ち!だが、メロンに関しては、糖度を増す技術の日本の素晴らしさに、感心した。
スリランカのメロンは、昔懐かし、瓜の味がした。でもこれがカレーの後に、さっぱりとして美味しいのだ。

1杯目の紅茶が無くなった。
「もう一杯入れましょうか?」
「はい、いただきます。」
きっと、まず、ティーカップにお湯を注いで、そっとティーバックを入れる、と心に思い浮かべながら、そしてそろりそろりと、テーブルまで運んで下さったに違いない。さっき1杯目を私が入れたように。

こういうことよね。
今できる、最高の入れ方で、誰かの為にお茶を入れる。
それが出来たら、最高級の茶葉が無くても、ティーポットが無くても、二人にとっては、今日の最高のティータイム。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form