野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年10月04日

磯淵猛紅茶セミナーin小岩井

今日の小岩井は快晴。
岩手山も青々と、その前に横たわる狼森も、いつもと変わらず狼が寝そべった形でそこにあった。
創業者である、小野、岩崎、井上の3人の名前から、この小岩井の名前はつけられた。
今日はこの風景が、どーんと見渡せる小岩井乳業の工場で、先生のセミナーが開かれた。

セミナー会場の風景バスで小岩井に行くなんて、幼稚園の遠足以来かもしれない。
まきば園入り口で下車、さてさて、工場までは?
「タクシーか、この地図の遊歩道をご利用ください。」とのご案内。
15分位ということなので、歩くことに。
お母さん牛の牛舎や、レンガのサイロ(現存する日本最古のサイロ)、宮沢賢治の「小岩井農場」の一節が書かれた詩碑と、歩くことで見つかるいろいろな物に惹かれながら、散策路を進む。
道なのか、牧草地なのか分からない地点もあり、よしよし、看板があるじゃないかと近寄ると、
「クマ出没、ご注意ください!」って、ゲーっと思いながら小走りになる。
こんなところで、クマに食われちゃったら、先生に会えないじゃないか!!
チャイが待っているんだ!

無事会場入り。
チャイの準備も万端。テーブルに並べられたリーフレットがなんとなく緊張感を高める。
チャイ用のスパイス、茶葉はディンブラ、スイーツは小岩井のバタークッキーとチーズクッキー。
さあ、もうすぐ皆さんが会場入りする。
笑顔がやってくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form