野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年10月31日

ディンブラの秋メニュー

土曜日に茶の話展のあと、ディンブラでのデートはどうなったのかしら?とお待ちの方!
お待たせしました。ディンブラの秋メニューご紹介しますね。

ディンブラの秋メニューディンブラのブログで、とても気になっていたのが、肉じゃがスープ。そして旬のかぼちゃジャム。
こういう時に、相棒が一緒だと、「そっちの、ちょっと頂戴ね」なんて、倍のお味見が出来るのが嬉しい。
私は、肉じゃがスープ、魚介のサラダ、ほうれん草と人参のスコーン。
相棒は、カレースープとかぼちゃのスコーン。今日のセットの紅茶はキャンディー。
肉じゃがスープは、磯淵先生が、インド風スープと名づけたかったという逸品で、名前で敬遠するといけないと言うことで、耳慣れた肉じゃがという言葉を使ったとのこと。
なので、日本のお惣菜の肉じゃがを想像してはいけない。キューブのじゃが芋と、牛肉の入った、スパイシーなコンソメ味とでもいうお味。
スコーンは、よくブログでも、美味しいと評判のもの。
本当に層がしっかり見えていて、サクサクと言うより、カリッに近い食感だなと思った。かぼちゃのスコーンについていた、メイプルと生クリームとシナモンのソースは、欠かせない。
カレーのスープも、スパイス使いが絶妙で、「バケットに染み込ませて食べたいね!」は相棒のコメント。
ホント、その通り。
うーん、満足と思っていた時に、ワッフルのプレートを持って、先生がお顔を出してくださった。
「これ、新作だから、味見してみて。」
オーッ、気になっていた、かぼちゃと小豆のワッフルじゃありませんか!!
とにかく、このいやみの無い絶妙なスパイス使いは、30年もスリランカに通い続けた、先生の舌ならではだなーと、かぼちゃのジャムを堪能した。

日曜日のサンデーティータイムの皆さんより、一足早く、インドのお土産を見せていただき、持ち帰りの紅茶ダージリンをいただいて、ちょっと風邪気味の磯淵先生とお別れした、ディンブラデートだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form