野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年11月10日

新顔野菜

産直には、いつも美味しい、珍しい出会いがある。
野菜ソムリエとはいえ、どんどん出てくる新顔野菜は、お初でございますといった具合で、見つけたら、食べる!即、実行だ。

左からおかのり・ミニ白菜・千宝菜千宝菜は、見かけは小松菜。それもそのはず、キャベツと小松菜を掛け合わせた新顔野菜。
お浸しはもちろんのこと、鍋にも美味しい。
ミニ白菜は、私の手と比べてみると、ちょうど手のひらサイズ。サラダ白菜とも呼ばれると言うことで、生でしがしが。ウーンなかなか、味が濃い。
茹でてもあまりくたくたにならずにしっかりしている。
おかのりは、可愛らしい葉の形をしている。
モロヘイヤほどの粘りは無いものの、茹でてから、かじっていると、少しぬるりとした食感が分かる。
たくさん茹でたつもりでも、ほんの少しになってしまうから、たっぷり使うことをおすすめする。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form