野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年11月22日

たっぷりチーズ蒸しケーキとバナナクグロフ

紅茶とのペアリングを考えたパンが、山崎製パンから昨日販売された。
ローソンのみで味わうことが出来る。

たっぷりチーズ蒸しケーキとバナナクグロフ残念ながら、3種類のうち、2種類しかいただくことが出来なかったが、チョコスコーンを除く、たっぷりチーズ蒸しケーキとバナナクグロフをゲット。
ペアリングのプロデュースは、磯淵猛先生。
たっぷりチーズ蒸しケーキには、午後の紅茶のストレートティーを。
チーズの脂肪をさらっと流し、つぎの一口眼を新鮮な美味しさに戻す。それがストレートティーの役目。
バナナクグロフには、午後の紅茶のレモンティーを。
南国のバナナの風味をさらにエキゾチックに感じさせるのが、レモンティーの爽やかな香り。
レモンの風味が加わることによって、以外にもバナナの印象がいつまでも余韻として残る、バナナとレモンティーの出会いだ。
これは磯淵先生の弁。
チーズのしっとり感と、時折感じるキューブに切ったチーズの塩っぽい感じがおいしい。
バナナは、これはちょっと本格的。よくあるバナナフレーバーではなく、バナナが練りこんであり、繊維がちゃんと入っている。好みが別れそうなそんな味わい。
残念ながら食べられなかったチョコスコーンは、もちろんミルクティーで。
ローソンで、ペアリングの勉強って、なんだか美味しくて、お得!

今日の手づくり村の紅茶講習会には、紅茶コーディネーターの勉強中という方がおいでになった。
ご自分が指導いただいている教材の先生が、こういう形で活躍なさっていることに、興奮を隠し切れないといった様子。
卒業課題までにもっともっと勉強したいという、意欲が、とってもうれしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form