野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年12月13日

シャリマティー風みかんティー

手づくり村の紅茶クラス。今日はイギリスの紅茶の歴史についての勉強と、実践は、フレッシュフルーツティー。
私自身がコーディネーターを受講中に一番分かりやすかったのが、オレンジを使った、シャリマティー。
これを今日は愛媛のみかんでアレンジした。

香りの強いフレーバーティーをイメージする方も多いが、フレッシュフルーツティーの場合、香りはあくまでも紅茶の香りがして、ふっと、あわせたフルーツの香りがする、というのを心がける。
いちごや、りんごや、バナナ、巨峰等で作ることが出来るが、香り、味共に、いただきやすいのが、シャリマティーだった。
輪切りのオレンジが、紅茶を入れると浮かび上がってきて、まるで、シャリマの花園のようだからと言うところから、この名前がついた。
夏の講習では迷わず、バレンシアオレンジを使うところだが、今が旬の日本のみかんでアレンジティーに。
甘さも香りも、ジューシーさもたっぷりで、バレンシアオレンジに負けないみかんティーになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form