野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2006年12月22日

「ん」がつく食べ物

今日は冬至。かぼちゃのお話しはしたが、他にはどんな物をいただくのか。
今日のはなまるマーケットのオープニングで、やっくんが、「ん」がつく食材を食べればいいと言っていた。
「へーっ。」とは岡江さん。

うんどん(うどん)、かんてん(寒天)、きんかん(金柑)、 ぎんなん(銀杏)、 にんじん、 れんこん、なんきん(かぼちゃ)これを「冬至の七種」というのだそうだ。
「ん」がつく、しかも2つつくのが大切。確かに秋の実りの小麦で作ったうどん、海の寒天、金柑のビタミンC、木の実のぎんなん、根野菜、緑黄色野菜と、食べて健やかにという食材ばかりだ。
それに柚子湯。
冬至が湯治に通ずること、ゆずが融通に通ずることから、「お湯に入って健康になって、 融通よく暮らそう。」ということらしい。
もちろん、風邪をひきにくく、肌を丈夫にする効果もある。
今日は昔の人の教えに習って、ちょっと健康のこと考えてみますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form