野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年01月06日

そばの芽

色のいいかつおが手に入ったので、つまに、大根をしゃかしゃか、青みをちょっと散らして・・・
今日はこの青みに、そばの芽を使った。

この芽のように、スプラウトと呼ばれている物が、たくさん出回っているが、芽が出てから、4日?7日ほどのもの。何しろこれから大きくなる赤ちゃんのうちにいただく訳だから、とにかく本体よりも、栄養が凝縮されている。
この、そばの芽も、そば一枚を頑張って食べなくても、少しずつマメに体に同じ栄養素を摂り込むことが出来るという訳。
多く含まれるムチンは生活習慣病の予防になり、ポリフェノールは活性酸素の除去に貢献する。

ところでこのそばの芽、緑というだけでなく、茎が赤いので大根に散らしたりすると、彩りも綺麗。
そばのあるところに、いろいろな民話があるようだが・・・
岩手の民話はちょっとばかり怖い!
子どもを食ったやまんばが、二人目の子どもを追いかけて木に上り詰めて、落ちた。
その時の血がそば畑に広がり、そばの茎が赤くなったのだそうだ。
って、わんこそばを食べる前に、語りべさんに聞いた。
食欲・・・無くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form