野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年01月15日

一口もち膳

いろいろな味の餅を、膳にして食べさせているところが、一関にあるのは知っていたのだが、食べたことが無かった。
今度、講演で一関に行くので、ちょっとそこの文化に触れておこうと、購入した。

ひと口もち膳冠婚葬祭、季節の行事、おもてなしには餅を搗く。伊達藩時代より受け継がれてきた伝統食なのだそうだ。餅は一関産の「コガネモチ」で搗く。
右上の納豆餅から時計回りに、納豆餅。糸を引くことから、不祝儀には使わないのだそうだ。
くるみ餅。鬼ぐるみをすり、砂糖、塩で調味している。なかなか濃くってよろしい。
じゅうね餅。じゅうねとは、エゴマの実のこと。ちょっと癖があるが、ごまとくるみの中間のようなお味。
エゴマは油をとったりと、一関地方の特産だ。
ずんだ餅。仙台ではお馴染みの枝豆のあんだ。
えび餅。小さな沼えびを炒って出し醤油で味付け。これもこの地方独特の物だそうだ。
ごま餅。オーソドックスで万人に好まれる。
生姜餅。椎茸を煮て、根しょうがのおろし汁で味を整え片栗粉であんに。
あんこ餅。もち本膳では最初に出てくるのだそうだ。
真ん中は、ご覧の通り、大根おろし。消化を助けるとして欠かせない物だ。
甘酢味で、なますをいただいているよう。
とこれに、野菜のたくさん入った、お雑煮が本膳ではつくのだそうだ。

ところで、このところいろいろな餅、食べすぎですかねぇ・・・

もち処・和食処 ふじせい ひと口もち膳

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form