野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年01月18日

農産物のプライベートブランドのポイント

大手スーパーマーケットのチーフバイヤーに聞くの2回目の講習会が、渋谷のベジフルの会場で行われた。
以前も、チーフバイヤーからの直接のお話ということで、なかなか赤裸々なことも聞くことができ、おもしろかった。今回もプライベートブランドについてということだったので、農家さんとのかかわりなど企業としての取り組みを知りたくて受講した。

盛岡でプライベートブランドというと、イオンやマックスバリューの「トップバリュー・グリーンアイ」が農産物のプライベートブランドとして思い浮かべやすいだろうか。
最近言われている、ロハスとプライベートブランドは関係が深い。
ロハスとは、環境と健康を志向するライフスタイルのことで、この層の人たちは、環境に配慮するだけでなく、家族や地球の健康、さらには社会の将来にも関心を持っている。
そういった価値観を持った人たちのニーズを満たしていく、野菜果物作り、それが、プライベートブランドの商品作りのコンセプトになる。
安心、安全を農家さんに委託するということで、企業側も、農家さんが売れ残るのではないかというストレスを感じないように、全部買取を実施している企業もあるそうだ。

ただまだまだ、浸透率は少ないプライベートブランド。
ロハスをしているは!というプチロハス、なんちゃってロハスも多く、スーパーマーケットでは、氏素性よりも安い価格を重視する傾向も多い。
とにもかくにも、農家さんのやる気を促しつつ、安全で安心なものを提供していく、そういう企業理念に賛同し、選択できる賢い生活者でありたいと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form