野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年02月22日

100人分の試食作り?講演?ママスタGoo!

ハードな1日だった。
岩手県、岩手県青果物生産出荷安定協議会主催の、園芸流通改善セミナーの、「野菜ソムリエから見たいわての純情野菜・りんご」と題して、講演依頼をいただいた。
又、岩手の純情野菜、長芋とりんごを使ったレシピ提案と、参集いただく方の試食100名分も合わせての依頼だ。

まだまだほんの一部です
50食分の試食は、秋田のモロヘイヤ料理で作った経験があるが、100名分は、初めてのチャレンジ。
鍋いっぱいのりんごを煮込みながら、わっ、給食のおばさんみたい!なんて・・・言ってる場合か。
煮りんごに、卵と生クリームのフィリングをかけたアップルグラタン。長芋のシャキシャキ感と、りんごのパリッと感がいい、コブサラダドレッシングをりんご酢とミックスしたドレッシングで提案した。
レシピ提案の依頼がきた時は、3行レシピを目指す。作ってもらわないと意味が無いから。
2時間びっちりつかって、作り続け、いざ講演会会場へ。
私が、他県で住んだ経験から感じた、岩手のイメージや、純情野菜の浸透の弱さをお話しし、純情=いわてが結びつかないから、メモリーしてもらえないという、消費者の行動原理についてや、満足度という言葉を使っていっるが、これが自分達の満足度に終わっていて、消費者のニーズ、満足に繋がっていないことなどをお話しした。午後からは、イトーヨーカ堂の青果部マーチャンダイザーのお話ということだったので、具体的な数値などはお任せした。
消費者(生活者)の方々にお話しするときは、岩手の食材のよさを伝えていますので、是非、行政のブランド力の意思統一をお願いしたいところだ。

きらっと日本酒ゼリー
12:30分に会場を後にし、家に立ち寄り、ママスタGoo!リハーサル用の材料を持って、NHKへ。
今日のおやつ工房のテーマは、岩手の日本酒!
以前北上のきき酒氏の方から、これ使ってみてといただいていた、あさ開き酒造の「梅香音」を使って、フルーティーさをいかした、キラッと日本酒ゼリーを作った。
テレビの画面でフルフルッとゆれるゼリーが、見ても、そして口どけも最高だ。
アシスタントの芳賀さんが、1個試食をしたのだが、お皿を洗う間中、箸が転んでもおかしい風で、ケラケラと笑いながら、後片付けをしてくれた。
自分の家の近くのバス停でちゃんと降りられたかなぁ?

キャスターのお二人も、今日は車を置いての出社。準備万端のママスタGoo!だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

おおっ!100人分の試食なんて、すごいですね。私は100人分なんてやったことがないですよ。大変そう(-_-;)。

今日のママスタのレシピは、前に私と話してて話題になったメニュ-ではないですか。これが、ママスタのレシピになるなんてびっくりです。
梅酒のゼリーとヨーグルトムースの組み合わせも美味しそー。

そうそう、北上の利き酒氏は元気でしょうか。最近連絡を取っていないので。

また来月、kaoruさんに会えるかどうか・・・・・


  • トモヤン
  • 2007年02月23日 00:50

このレシピ、何も特別なことしてないのに、美味しく出来ちゃったんですよ!
ゼラチンの、2種類の使い方をポイントにしてね。

利き酒氏さんはとっても元気、コラボはあきらめてませんよ。

トモヤンさん!
若い脳みそよ!君たちは先に行ってくれ。
追試くらいまでは、テンション保てるかなぁ?
追、追、追・・・なんてなったら、ア?ん、50才になっちゃうよー!!

  • kaoru
  • 2007年02月23日 18:52
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form