野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年02月24日

ベジフル 白菜

冬に霜にあたると繊維が柔らかくなり、美味しさを増す白菜が、今月のテーマ。
昔からありそうで、実は歴史は浅く、朝鮮出兵の兵隊さんが持ち帰ったとか、明治初め東京博覧会で最初に紹介され、全国的に栽培されることになったとか言われている。

ベジフル 白菜
95%が水という白菜。
旨味を残さず食べる為に、一工夫。
ビタミンCは生でいただくのが一番。
グレープフルーツ、はちみつとあわせて、食前酒ならぬ食前フレッシュジュース。それから、漬物もなかなかいいとり方。今日はキムチを使って、かきとご飯にしていただく。
たけのこ、にんじん、長ねぎと具もたくさん。
スープは、1人分ずつカップに具を入れてから注ぎ、器ごと温める。そうすることで、それぞれの具のエキスが流れ出てもそのカップの中という訳。使っているのは、白菜の軸。(時折、ついていないことがあるので注意!)
鍋では、白菜の部分ごとに、ざく切り、削ぎ切り、繊維に沿って縦に切ってというきり方で少しのスープで、ちょっとお高めの油揚げとともに煮込んで、同じ食材の食感の違いを、肉味噌で味わってもらった。
いつも食べている食材なはずなのに、皆驚きの連続の白菜料理!
おまけの、にんじんのひねり梅。上手にカットできました。はなまる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form