野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年02月28日

亀の子せんべい

亀の甲羅の形に焼き上げたせんべいに、たっぷりのごま飴が塗ってある。
しけっているのかなぁ?と思うようなねばり感があるが、いえいえごまのせい。

亀の子せんべい
このせんべい、以前「はなまるおめざ」で紹介されて、その時、私も初めて食べることとなったわけだが、時代劇をしている役者さんで、(誰だったかなぁ、忘れちゃいました)江刺藤原の里で、撮影の合間に食べてファンになったとのこと。
で、藤原の里を見学に行った時に、見学よりまず食べたのが、亀の子せんべい。
このたっぷりのごまがなんともいえない。
お餅もごまが好きなので、甘いごま、大歓迎。

昨日久しぶりに県南に行き、一関のお土産売り場で見つけた。
もちろん新幹線の中で、2枚たて続けに食べた。美味しい!
駅の前で、バスを待っていたとき、
「こんにちは?」と元気に声をかけてくれた小学生がいた。
私かなぁ?とりあえずペコッと会釈をした。
私の前で立ち止まり、「こんにちは!」
「こんにちは!」と返事をし、私だったんだやっぱりと気づく。
隣に坐った老婦人、「こんな冬は80年生きてきて初めてのことだ」と私に話しかけた。
「そうですか。」
そんなやり取りを、思い出していた。

太郎ちゃん
ところで、亀の子と言えば、うちの太郎ちゃん。
床暖のリビングで、少し歩いては、こてっとお昼ね。
日差しが差し込むときは、ベロリンと手足を出して幸せそうに、でも、絶対に自然界には戻れない無防備な姿で寝ている。
太郎ちゃんを眺めながら、脇で亀の子せんべいを食べている、ちょっと複雑な気持ち。
私ではなく、太郎ちゃんがね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

洋菓子におされてお茶うけに並ばなくなった「亀の甲せんべい」ですが、ウチのほうでは御祝儀の日に婚家に立ち寄るお客様のために、お茶うけとして出されます。おめでたい時の必須アイテムなのでしょうね。

  • NORIくんちゃん
  • 2007年02月28日 17:30

NORIくんちゃんさま。そうですか、そちらでもありますか。
ごまたっぷりの、こんな感じですか?
年をとってこのお菓子をいただくとき、初々しかった、嫁いだ頃を思い出す。素敵に年を重ねたいですね。

  • kaoru
  • 2007年02月28日 19:41
comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form