野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年03月06日

万願寺甘とう

見るからに、辛そうな、でも全く辛くない、京都の伝統野菜「万願寺甘とう」を見つけた。
もちろん食べるのは初めて。

万願寺甘とう
焼きとうがらしにして、醤油で食べると美味しいと、お店のおじさんに教えてもらった。
魚焼きで周りをあぶって、白菜、れんこん、にんじん、玉葱、ベーコンで作ったあんとからめていただいた。
辛くないとはいえ、ひと口目かじる時に、なんとなく恐る恐るになるのは、しし唐で思いっきり辛いのにあたったりして、痛い目にあっているから。
ハリャッ?本当に辛くない、気が抜けたトウガラシ?のようだ。
色がとても綺麗なので、天ぷらや、煮物にもむくらしい。からみ成分のカプサイシンは期待できないが、ビタミンCとカロテンは沢山含まれている。
甘いけれど、パプリカではなく、やはりとうがらしの味がするのは不思議。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form