野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年04月27日

英国風ティータイムフェア

サンテミリオンローズガーデンの英国風ティータイムといううたい文句に誘われて、友達と出かけた。
もちろんローズガーデンはまだだろうけれど、そのほうが、ゆっくりとティータイムが出来そうだ。

ティータイムのプレート
紅茶とスコーンをお願いする。
白のプレートはベルナルド(フランス)。ナポレオン3世皇后に気に入られたことから、皇室御用達となり、世界の王室、皇室、三ツ星レストラン等で使われている。
紫のスミレ模様のプレートはアビランド(フランス)。ゴーギャン、コクトーといった、アーティスト達とのセッションによる、時代を先取りしたデザインなのだそうだ。
縁に模様があるのがレノックス(アメリカ)。ホワイトハウスの公式晩餐会や、「ティファニーで朝食を」にも登場したもの。
それぞれにスコーンを盛ってみると、アビランドはうるさくなりそうと思いきや、なかなか素敵になった。
紅茶は、イングリッシュミルクティーをお願いしたのだが、オーナーが、どうしてもとロイヤルミルクティーをと言って、ミルクと紅茶をミックスしてティーポットに入れて運んできた。
やはり、お客様の好みで出してくれる方が嬉しいかな。

薄暗い灯りの雰囲気や、内装は、いかにもイギリスっぽい。
内装や、器にお金をかけて楽しませてくれるというのはとても嬉しい。
でも、お金に始まり、お金に終わるオーナーの話は、もてなしのこころにかけているような気がした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form