野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年06月07日

修学旅行体験学習 お菓子作り講習会

今日は、北海道小樽市立菁園中学校の生徒さんが体験学習で、アトリエを訪ねてくださった。
「お菓子作りを体験したいのですが・・・」
インターネットで検索して、電話をくださった。
どんなお菓子でも作ってみたいということだったが、できれば岩手のものをたくさん紹介したいと、メニューを決めた。

せい園中学校の皆さんとお菓子
盛岡のりんごふじを、CA貯蔵ではなく、さらに独自の方法で今までパリパリ状態で貯蔵をしている、下久保農園さんのりんごが手に入ったので、りんごと、小岩井のクリームチーズを使った、アップルチーズケーキを。難関は、タルトの生地を作るところでも、型に上手に敷きこむところでもなく、りんごの皮むき、って、エ?っ、中学3年生だもの、ちょっとは包丁持ちましょうね!
何はともあれ、手を切らなくって、ホッ。
「はちみつも有名なんですよね・・・」
「よく調べたね!」ということで、藤原養蜂所のはちみつを使った、はちみつパンナコッタを。
レンゲと、アカシアと、栗のはちみつの食べ比べには、皆もびっくり。
花が違うとこんなにあじが違うんだと、初めての体験だ。
表面に、プチプチパッキンを使って、蜂の巣風に、こういうところが、お菓子作り楽しいよね。
そしてもう一つ。北海道ではべこもち、岩手には粉で作った、かま焼きがある。
南部小麦の中力粉のモチモチ感を生かして生地を作り、黒砂糖と味噌と胡桃で作った餡をくるむ。
仕上げる形は
「わー、餃子みたい!」
「そうね。これ、鎌の刃の形なの」
茹でて浮き上がったら、焼き目をつけて。素朴な小昼(こびる)も「おいしー!」

私達の身の回りで起こっている、様々な食の話を交えながらの講習会。
ずーっと笑顔で、キャー、ワーの連続で、私まで元気になった。
彼女達が、私を見つけてくれたお陰で、こんな盛岡の発信方法もあるのだと気づかされた、今日のお菓子教室だった。
真っ白いセーラー服と、プレスのしっかりきいたスカート。すがすがしく、可愛らしい女の子達だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form