野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年06月24日

夏の仕出し弁当

朝寝坊をしたりすると、まだ温かいままのお弁当に蓋をしてしまうことがある。
昼に弁当をあけた時に、妙な糸が引いていたりしないように、出来るだけ、団扇であおいで、冷ましてからおかずを入れるように気をつける季節がやってきた。

味も一回り濃い味付けにすることが、悪くなりにくくするコツでもあるが、今日出先で食べることになってしまった仕出し弁当。
炊き込みご飯の幕の内弁当だった。
ところが、このご飯、一口食べて、その塩辛さに食べれなくなってしまった。
胡麻和えは・・・ごまをほろっていんげんを食べた。
れんこんの酢漬けは・・・れんこんの糸なのだが、こういう季節に糸が引くのは、ウーン?
なぜかれんこんの天ぷら。魚の醤油漬けも、白いご飯でないと、食べられない。
漬物は必要ないし、昆布の佃煮も必要ない。

まぁ、注文した側は、一体どんなところにおいて、いつ食べるのか?
販売する側には計り知れない。そうなってくるとどうしても、こういうメニューになってしまうのだろう。

コンビニのおにぎりが、50度近くのところに48時間放置しても、腐らないと聞いたことがある。
確かに、購入した人たちが、車内におにぎりを放置したまま、本屋に寄ったりなんかしたら、ありうるシチュエーション。
腐らないことの怖さも知る必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form