野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年07月02日

ベジフルコース2007 トマト

昨年も登場したトマト料理。
知っているようで、使いこなしに今ひとつ、という食材のようだ。
ざく切りにしたトマトを炊飯器のお米の上に、ホイッとのせると、みんなの目が点になった。

トマト料理
生姜でしょう、青じそでしょう、ちりめんジャコをバサッ。お酒と薄口醤油を加えたら、スイッチON!
今日は、煮崩したり、ドレッシングの馴染みをよくする為に、湯剥きをするのがポイント!
醤油と和風だしにしょうがのすりおろしを加え、さっと和えれば、和風サラダの出来上がり。
もちろんきゅうりを加えても美味しいが、けっこうきゅうりの主張が強いから、今日は無しで。
トマトのミートカレーソースは、薄焼のなすにのせて。ピリッとカレー味が甘いだけのソースと違って夏バージョンって感じ。
そして、トマトの柑橘ジュース漬け。
少しほろ苦系の柑橘がいい。ルビーグレープフルーツとか。
今日はブラッドオレンジジュースを見つけたのでそれで。まるでトマトジュースみたい。
サラダセロリ、ルビーグレープフルーツ、オレンジ、レモン、そして、アマエルとフルティカというミディトマトを一晩漬け込んで出来上がり。
皮を剥いただけで、こんなに味わいが良くなることに、「やっぱり一手間か・・・」
と再確認した生徒さん達だった。

午後からは北松園中学校のPTA家庭教育学級で「たっぷり野菜で健康生活」と題して講演。
1日の目安量の野菜と、レタス、トマト、パセリ、牛肉で、普段皆さんが食べている、よくありがちな料理、レタスとトマトとパセリを添えて、肉を焼いて塩コショーして添える、と、薫流、しゃぶしゃぶしたレタスに、トマトと、パセリと、牛肉を炒めて肉ソースにして、レタスをいただく2品を並べてお見せした。
火を通したレタス、3倍くらいは食べれそう、添えたパセリも微塵にしてソースに入れれば、全部食べられるよね、と、ほんの1皿分のモデルディッシュは、一口ずつみんなのお腹におさまった。

美味しくって、楽しくって、笑顔のお母さん。
食育はそこから始まる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form