野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年08月06日

ベジフルコース2007 豆

今日は、野菜として食べる豆の料理。
野菜として・・・
若いサヤを野菜として食べる場合、結実した豆を食べる場合があるでしょ?

ベジフルコース2007 豆料理さやいんげんといんげん豆、枝豆と大豆のように。
野菜としていただく場合は、ビタミンCが多く、美肌、美白効果が期待できる。
又、ビタミンCとカロテンとの相乗効果で、免疫力もアップ。
夏の紫外線や、夏風邪を寄せ付けない身体を作るのだ。
枝豆を沢山使うのだが、産毛を取る為に塩でよくもんで、中にも塩味が浸透するように、上下をチョンチョンと切って茹でる。サヤから取り出して、更に薄皮も取ると一段と美味しさが増す。
枝豆のご飯は、少し味をつけたご飯を炊いてから、蒸らす時にのせて混ぜるだけ。もちろん炊き込んでもOK。ただ、後から入れたほうが、色が綺麗。
この剥いた枝豆と、グリンピース、いんげんを合わせて、ごま油で和える。
上にうなぎをのせたら、ちょっと上等な小鉢になった。
国産のうなぎにしたら、豆ご飯にうなぎをのせた棒寿司が、こんなちっちゃいうなぎのアレンジメニューになった。
グリンピースのポタージュは、牛乳や生クリームの代わりに豆乳を投入・・・ハ?ッ。
モロッコいんげんはトマトと、玉葱、鶏もも肉、ベーコンと一緒に煮込むだけ。
オレガノやバジルを使うとイタリアンな感じに、もちろん今日はそのままプレーンに、塩だけで味を整えた。
豆のさやが、どんだけ?ってくらい出るので、こんだけ?食べたって実感できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form