野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年08月22日

マルシェベジフル講座 トマト・バナナ

月に1回開催される、マルシェのベジフル講座。今日はトマトとバナナ。
トマトはみんなが驚く、炊き込みご飯と、バナナはスープを作る。

トマトのサーモンライスとバナナのビシソワーズ風
トマトは、湯剥きの仕方をお見せしながら、チャチャッとざく切り。
玉葱は、みじん切りにして、油で炒め、トマトも加え更に炒める。
炊飯器に30分ほど水につけておいた米を水切りして入れ、炒めた野菜も加える。
この時、フライパンに野菜のエキスが出ているので、それを入れていいのだが、その分水を控えることをお忘れなく。(水は、米と同量。野菜のエキス、鮭の缶汁の分引き算して)
市販の鮭の缶詰、コーンも入れ、塩コショーしたら、スイッチオン!
仕掛けてから、「トマトが赤くなると、医者が青くなる」といわれる所以をお話しした。
バナナも驚きの緑のバナナのスープ。
きっと岩手県で、初めて食べた、今日の受講者ではないだろうか?
お盆に、お供え用に販売していた、緑色のバナナを、冷蔵庫の中で、黄色くならないように保存しておいた。
テレビで、現地の人たちが、バナナの葉にくるんで、蒸し焼きにしたバナナを食べているのをご覧になったことがあるだろう。
まさに、芋状態の緑のバナナ。1本ずつラップをし、レンジで3分加熱する。
皮がプチッと割れてくる感じが出来上がりの目安。
長葱、玉葱と共に炒め、どろどろにしたら、生クリームと牛乳でのばし、塩コショーで味を整えて、キュンと冷やしたら、バナナのビシソワーズ風出来上がり。
人気、輸入量ともナンバーワンのバナナ。即効性のあるエネルギーは、スポーツフードとして使われる。

今日は、秋田の横手市、岩手の一関市からの受講もあり、みんな始めての味に、目をまあるくしていた。
引き続きの受講生は、「先生今日もテレビの取材ですか?」。
今日はテレビ岩手の「プラス1いわて」さんの取材が入った。
が・・・途中で、クマ出現の速報が入り、講習半ばでクマの取材に行ってしまった。
果たしてオンエアーになるのか、微妙なところだが、まっ、お楽しみに!

追記
サイロに落ちてしまったクマさんと、インフルエンザにかかったお馬さんとに話題を取られてしまいましたが、18:40頃からオンエアー。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form