野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年09月03日

ベジフルコース ピーマン・パプリカ

今月のベジフルコーステーマ食材は、ピーマンとパプリカ。
トウガラシのうち、果実が大きくて、辛味の少ないものといえば、ピーマン。
江戸時代には「甘トウガラシ」といって、栽培されていたといわれている。

ベジフルコース ピーマン・パプリカ
食卓に頻繁にのぼる様になったのは1960年頃から、食の洋風化、栄養価の高いことによるもの。
そういえば、私が子供の頃、父がよく仲間と家で夜中マージャンをしたものだった。
母は、みんなが食べやすいように、おにぎりをにぎり、その脇に、コショーのピリッときいた、ピーマンの炒め物を添えていた。子供の私にはちょっとおとなの味の、苦く、ちょっぴり臭い食べ物だった。
今では、パプリカと呼ばれる大型の物も出回り、甘く、カラフルで子供たちも食べやすくなってきた。
今日は彩りの綺麗な、パプリカ炒飯。普通に炊いたご飯に、バターとコンソメ、塩をまぶしよく混ぜベースのご飯を作り、玉葱、パプリカ、ハム、くるみを炒めて混ぜるだけ。
 野菜スティックの挽肉巻きは、芯をピーマンと人参にして挽肉で巻き、オーブンで焼く。赤パプリカと玉葱で作った鮮やかなソースを添える。パプリカのマリネを添えて。
 ピーマンの塩昆布さっと漬けは、レタスより美味しいかもしれない。
シャキシャキ歯ざわりがたまらない。
 デザートにピーマンジンジャーアイス。ピーマンの緑が、しょうがの爽やかさとあいまって、涼しげなデザートに仕上がった。トッピングには、パプリカを。
元気色のテーブルになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form