野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年09月19日

やよい幼稚園ひまわりの会ミニ講演会

今日はやよい幼稚園様のご希望で、レストラングリーングリーンでミニ講演会とソムリエランチを楽しんでいただく会が催された。

ミニ講演風景
オープン前の30分は座学で、日頃の自分達の食事を見直していただくお話しをさせていただき、ソムリエランチを召し上がっていただいた。ゆっくりと召し上がっていただいた後にテーブルごとに回り、今日のメニューについてや普段のお子さんの好き嫌いなどのお悩み事に、お答えするという形で終了した。
「うちの子は、お手伝いはすきなのですけれど、作るだけで、食べてくれないんです。」
「じゃぁ、今日から、味見隊長にしてあげましょう!このくらいの硬さでいいかな?この味付けでいいかなぁ?と隊長の意見を聞いてみたらいかがでしょう?お味見だけで、きっとお腹がいっぱいになりますよ。そうすれば、この固さが好きだったんだとか、この味付けが好きだったんだとか、わかりますよね。子供だからって、やたらくたくたに煮た野菜食べさせてません?食感ってとても美味しさを左右しますよ。」
「お箸をちゃんと持てるようにしたいのですけど、おばあちゃんがうるさく言うので、食べることもやめちゃうんです。」
「その時は、お子さんの逃げ道になってあげましょうね。でも、ほら、おばあちゃんって、あんな小さなお豆もつまめるし、ぬるぬるするものも上手にお箸で食べられるでしょう?お箸をちゃんと持てると、どんな物も上手に美味しく食べられるのよ。ママもがんばったら、おばあちゃんみたいに出来る様になったんだよ。なんてコミュニケーションしてみましょう。食卓でのストレスは、しつけにとってとても大事。急がずに、納得するまでトライする力を認めてあげましょう。」
19日、食育の日、栄養だけでなく、お母さんたちにも勇気を持ってもらう、そんな会になったのではないだろうか。

やわらか!豆銀糖
この後、平成19年度岩手県「食の匠」認定証書交付式並びに研修会に出席の為、ホテル東日本へ。
今までの43名に加えて、18名が新しく食の匠に認定された。
また認定されるだけでなく、それを広めていく為に、各地域が色々な取り組みをしていることに頭が下がった。この食の匠を認定するだけに終わらせず、匠の技を、受け継ぐ匠を、育てていくことが、課題だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form