野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年09月20日

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

今日から、手づくり村工房まつりが始まった。
特別物づくり教室として、台所で作るダッチオーブン料理を受け持った。

ダッチオーブン料理
岩手に大きな被害をもたらした台風が嘘のような、今日の天気。
家の近くの川幅を増していた北上川も、やっと岸の草が見えてきた。
バスから見える御所湖も、なみなみとして茶色を帯びている。
ふと見ると、黄金色の元気な稲穂が見えた。
「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」
稲穂は実れば実るほど穂先を垂れ頭を下げることから、君子は学識や徳行が深まるほど謙虚になるものだということ。
どんな目にあっても、私たちにその生き様を見せつける、別の意味で頭が下がる。
今の世の中、いろいろな言葉が死語になっていくようでならない。
先生と呼ばれていることに胡坐をかかず、私を盛りたててくれる皆さんに、稲穂のようでありたいと思った。
とにかく、おいでになったからは、面白かったと言ってもらえる、「美味しかった!」と言ってもらえる、そんな講習になるよう、それが私の稲穂の心。
パエリアも、ビール煮込みも、チョコレートブラウニーも、焼きりんごも、上出来上出来。
稲穂の言葉。「また、おいでくださいませね。」

テレビ岩手5きげんテレビの、レストラングリーングリーンの取材のオンエアーを観て、今日は母とお出かけ。
布施明のコンサート、頑張って購入した席は6列目。
音楽は、その曲を聴くと、その時代がよみがえってくる。歌声は、心を癒してくれる。
何にも増して、母が大好きな布施さんを、まるで少女のようにニコニコとみていたのが、嬉しかった。
君はバラより美しい♪大好き!

今日一日、色々なことに感謝だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form