野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年10月01日

ベジフルコース かぼちゃ

夏野菜のかぼちゃが、「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と言われるのは、かぼちゃに含まれるカロテンが、風邪の侵入口である、喉や鼻の粘膜を保護し、再生する働きを持つからと言われている。
そもそも、夏野菜が何故冬に・・・。それはあの硬い皮が長期保存を容易にしているわけだ。

ベジフルコース かぼちゃ料理昔は瀬戸かぼちゃなんていって、鉈でも使って切らなければ皮に刃が立たないなんてこともあった。
カット野菜として、かぼちゃがよく売れるのは、丸ごと買っても、切れない!ということに起因していることも大きいだろう。
さて今日は、かぼちゃを使ってクッキング。
かぼちゃのスコーンは、皮ごとレンジで加熱したかぼちゃを、フォークで潰し生地の中に入れ込む。
フライパンで片側5分ずつ焼いてあげれば、さっくり、ほっくりスコーンが出来上がる。
かぼちゃのジュリアンスープ。
ジュリアンとは細く切ったという意味。もともとは、人参で作るのだが、今日はかぼちゃの黄色で。
皮の緑がまるでパセリでも散らしたような出来上がりだ。
冬野菜のゼリーサラダは、かぼちゃ、ブロッコリー、りんごをころころに切って重ね、マヨネーズのドレッシングと、野菜ジュースで作ったゼリーをトッピング。
「まるでパフェみたい」
思い通りのコメントありがとう!
焼きかぼちゃのきのこあん。薄切りのかぼちゃをオーブンで10分程加熱するだけ。
焼くと香ばしくて、ホックリとする。
そこに、しめじ、舞茸、生椎茸であんを作ってかければ、秋の味覚の出来上がり。
えびも入っているけれど、緑のぎんなん、栗なんか入れても美味しそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form