野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年10月21日

アラッ・モンブラン

食べた人が、「あらっ?これモンブランよね?」とその微妙な味ゆえに思わず言うだろう、というところからつけた名前。
栗を使わずに、まるで渋皮モンブランを作る。

アラッ・モンブラン
使うのは白花豆。ふじっことかマルヤナギとかスーパーに行くとあるでしょう?あれ。
それをフォークで潰して、コーヒーと混ぜる。
ふじっこよりも、マルヤナギの方が、軟らかく煮えていて、甘さも控えめと言うことが実験結果として出た。なんていうと、
「じゃぁ、先生、今日のお菓子のポイントは、マルヤナギの白花豆を使うことと、コーヒーの微妙な量と言うことですね!」
「その通り!コーヒーとばれるかばれないか、そこが難しいのよ!」

興味津々で試食。
「へっ、これってモンブランですよねぇ」
みんな、納得のアラッ・モンブラン。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form