野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年12月08日

盛岡地区保健師会研修会

盛岡地区でお仕事をなさっている保健師の皆さんの研修会で、「野菜ソムリエからみた食育」と題して講演をさせていただいた。

講演依頼と共に、紅茶コーディネーターとして、おいしい紅茶の入れ方をレクチャーしていただき、紅茶をいただきながら、先生の焼いたケーキを食べたいというなんとも、盛りだくさんのご依頼だった。
よーく考えると、いやちょっと考えただけでも、どうみても大変なのは私?と思いつつ、全てお引き受けした。
私と食との関わりの部分をお話ししてから、本題へ進む前に、おあずけ状態の紅茶とケーキを召し上がっていただいた。
ポットの都合上、ティーカップで入れるティーバッグのおいしい入れ方をお話しした。
ティーバッグの上から湯をかけない、振らない、絞らない。この三ない運動みたいな鉄則をお話しした。
「本当だ渋くない」「香りもいいし美味しい」といつもやっていたことに苦笑いしながら、美味しい紅茶に歓声を上げていた。
さて、ゲームでもしながらケーキを選んでもらおうかしらと数種類作ったケーキも「先生、皆さん選べないので、というよりどれも食べたいそうなので、分けて食べてもいいですか?」
もちろんいいですけど・・・血みどろの争いが見られないのはちょいと残念。

リラックスムードが出来上がったところで、お話しへ。
今、ニュースで取り上げられている、食の気になる話を食育に結びつけて、全てがばらばらではなく、連動していることをお話しした。
食べることは子供にとって大事なストレスの経験であり、五感を磨く経験であり、何故何故どうしてという知るを刺激するものであることも。

そんな風に感じたことがなかったというたくさんの切り口を、見ていただいた、笑いの絶えない会場だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form