野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年12月13日

紫芋のわさび和え

紫芋で煮っころがしを作ってみるが、強烈な紫色に、最初箸が出るのがためらわれる。
食べると、結構水分もあってむせるほどではなく、美味しい仕上がりになっているのだが、どうもブルーベリーのような酸味も頭にイメージしてしまうようだ。
色と食べ物、なかなか難しい。

紫芋のわさび和えでもこれが刺し色になると、料理がしまって見えるから不思議だ。
とはいうものの、料理を始めようとさつまいもを切ってみると、おやっ、紫かぁ。これは、アラッこれは・・・なんと家にあったさつまいもは、全部紫だったという訳で、和え物に紫芋を使うということになったわけだけれどね。
食感を残す為にサッと茹でるのだが、アントシアニンが?、流れる?!
茹で汁にアントシアニンたっぷりになってしまった。茹でたセロリと、わさび、酢、みりん、醤油で作った調味液につけたら、出来上がり。
やっぱり、蒸したり、煮汁ごといただける食べ方にしないと、アントシアニンがもったいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form