野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2007年12月18日

いきいき農場の野菜たち

岩手町のいきいき農場様から、おすすめ野菜が届いた。
自然の色って美しい、美しい野菜は美味しい。
そう言いきれる野菜だ。

いきいき農場の野菜たち
箱を開けると、鮮やかなオレンジ色のベータキャロットが目に飛び込んだ。
早速茹でてみる。すっと櫛が通るようになった茹で立てを口に入れる。
まるで砂糖を使ったかのような甘さが口の中に広がり、その後で、にんじん臭さがちゃんとくるというもの。それに内側の黄色いラインが薄く、又その中心部は1?程しかないので、全体が同じ硬さで食べることが出来る。
時折中心部が木化していて、筋張っていることがある。それが無いということ。
次に緑のオータムポエム。名前の通り旬は秋らしいのだが、ほうれん草同様、寒締めにすると、グッと甘味が増すのだそうで、しっかりとした軸なのにサッと茹でただけで、美味しくいただくことが出来た。
「甘いから良いというものではないのだよ」と私の感想にも、更に先を見据えている、野菜ソムリエでも有り、生産者でもある三浦さんからは、野菜に対しての言葉が発せられた。
そして、箱の重さの正体、長芋。それを覆っているおがくず。最近おがくずにもお目にかかっていなかっただけに、その中から長芋を引っ張り出すのが、なんともうれしい。
みずみずしい。これからもっとコクも出、さらに旨味を増すのだそうだ。

とろろになった長芋を見て、
「お前って綺麗だねって言ってやりたい」とは息子の弁。
山かけはあっという間にお腹の中へ消えていった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form