野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年02月07日

京野菜のリゾット

東京駅グランスタの中にある、リゾット専門店。
新幹線の待ち時間にリゾットが食べられると言う。
何故、そんなに早い時間でリゾットが出来上がるのか、興味津々。

京野菜のリゾット
メニューを決めて、時計を見る。さて何分で「いただきます」となるのか?
待つ事4分。今目の前の厨房で、オリーブオイルがシャシャシャーっとかけられた、リゾットが目の前に。
一口目は、ちょっと堅いなぁって感じ。
食べているうちに、少しずつ火が通るのか、丁度いい塩梅になってくる。
よーく見ると、まず、具材を鍋にほおりこむ。そこにスープ。あっというまにワワーッと沸きあがる。
そこに、取り出したる、お米。この塩梅がポイントなんだろうなぁ?だって、投入とともに味付け、シェフ味見、出来上がりなんだもの。
あと1分火を通したら丁度良いくらいに、作ったお米を準備していると言う事。
京野菜に惹かれて、九条ねぎ、白菜、大根、壬生菜、ほうれん草を味わったが、隣の人の、チーズと、反対側の人のトマトの香りに、あれっ、シンプルすぎちゃったかな?

RISO CANOVIETTAの京野菜のリゾット 1050円。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form