野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年03月02日

野菜ソムリエ講座 白菜

おかげさまで、大好評のうちに今年度最後の、手づくり村野菜ソムリエ講座が、午前午後開催された。
今月のテーマ素材は「白菜」。
白菜といえば・・・鍋でしょう?それから鍋でしょう・・・やっぱり鍋でしょう?ということになるようで、一体どんな料理になるのか、期待に胸を膨らませての料理講習会になった。


牡蠣をたっぷり入れた、キムチご飯。
捨ててしまっていた、白菜の軸と根野菜のスープ。
何にでもあいそうな、肉味噌を添えていただく、白菜の肉味噌添え。
みんな不安げな表情でチャレンジした、白菜とグレープフルーツのジュース。
ご飯は、牡蠣の下処理をすることで、旨味だけで臭みの無いご飯にできること、たかが千切り、されど千切り、切り方で食感が変わることを実感してもらった。
スーパーで売られている白菜は、軸がカットされているから、今日は丸ごと購入して使ってもらった。
そんなこと思ってもいなかった受講者の皆さんだったが、きっと帰り道、スーパーで、本当だと見ていることだろう。軸をカットすることで白菜の生長を止める。そうすると切り口が膨らまないというわけ。
軸と根菜、手羽先を器に入れ、スープをはってラップでしっかりと覆い、蒸し器で蒸す。
自分の器のだし、独り占めのスープだ。
白菜は、油揚げと煮込むことで、淡白な白菜も美味しくなる。そこに肉味噌をつけて。
つまみ食いの肉味噌、「これ美味しい」。ありがとう!
水分90%の白菜はジュースにしても美味しい。アブラナ科独特のちょっとした苦味が、グレープフルーツと一緒になると、どちらの苦味か分からなくなる。
皆さんが、一番ドキドキして、美味しい!にかわったメニューだった。

来年度も続く野菜ソムリエの料理講座。
偶数月に開催される。旬の野菜をかえて、登場だ!3月15日号広報もりおか、そのあたりのマシェリをお見逃し無く。新玉葱を使った料理でスタート。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form