野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年03月04日

さらば、お弁当

次男の高校の卒業式。小学校では給食だったから、長男のお弁当作りから通算して、9年間に渡る、お弁当作りに終止符を打った。

振り返ると、私のお弁当作りは、自分がヤマハの先生をしていた頃に始まった。
土曜日は遠くから習いに来る生徒さんを朝から受け入れ、普通のレッスンも夜まで続くという忙しさ。
レッスンは終わったものの、生徒さんの相談事に対応していると、お昼の時間が15分くらいになってしまう。その為に早起きして、お弁当を作って持っていった。
結婚してしばらくは、私も仕事をしていたので、朝は二人分の弁当を作っていた。でんぶでハートのマークみたいなお弁当は作らなかったけれど。
土日に、まとめ買いをして、1週間分の下ごしらえをして冷凍することを覚えた。
休みの日には、ピクニックが大好きで、お弁当を持って公園で、昼中過ごした。
幼稚園のお弁当は、今でもノートに絵が残っている。
なんとかレンジャーのブラックにしてねとか、サッカーボールのおにぎりがいいなという、子供のリクエストに応える日々。
そして、おかずよりも白いご飯というような中学校の弁当が始まった。
私も、冷凍のおかずにお世話になっていたが、2年目頃に、お母さんの作るおかずの方が美味しいと言われ、冷凍おかずは冷凍庫から消えた。
「お母さんのお弁当、人気よ!」と言われ、9年間続いた。
今、お弁当の穴埋め野菜ということで原稿を書いているが、実際には、ミニトマトや、いちご、ブロッコリーといった野菜は、家の弁当に限っては、役に立たなかった。

9年間頑張ったね、お母さん。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form