野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年03月19日

マルシェベジフル講座白菜・グレープフルーツ

今月の食材は冬が旬の白菜と、完全輸入食材のグレープフルーツ。
とはいえ、1/4玉の白菜、ついこの間まで98円で買えたのに、198円に跳ね上がった。
そろそろ、旬もおしまいということ。

白菜とグレープフルーツのサラダ
冬場の白菜が美味しいのは、霜の降りる季節になると、寒さから身を守る為、細胞内の細胞液濃度を高め糖度が上がる為。
これはほうれん草の寒締めに見られるように、縮んでくる様子でも分かるところ。
ビタミンCの損失を減らしたり、生きた野菜をそのままいただくために、今日は、甘味の増した白菜のサラダを召し上がっていただいた。
ビタミンCが更に豊富なグレープフルーツの果汁をドレッシングにして、果肉もたっぷりの春色の爽やかなサラダに。
グレープフルーツの苦味成分のナリギンはビタミンCの吸収率を上げる力があるし、香り成分はかいだだけで、ダイエット効果もあると言われている。

生きた野菜をいただく、リビングフード。
生でいただくことで、熱に弱い栄養素が失われないこと、さらには、私達の体の中にある様々な酵素が生きた野菜からなら摂る事が出来る。
40歳を過ぎた頃から、空気を吸っただけで太るとか、水しか飲んでないのに・・・これも代謝不良を起こしているから。ぐんと減ってしまった酵素を、食事から摂ることに今注目が集まっている。

今日は昨年盛岡の南、乙部公民館で受講してくださった年配の男性が、盛岡の北、手づくり村に足を運んでくださった。自転車で元気に移動していらっしゃるおじいさまに、脱帽。

今日の講座の模様は、明日の盛岡経済新聞で。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form