野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年03月23日

考えよう食の安全、見直そう食文化

佐藤政行種苗 日詰店で、講演会を行った。
自給の為に作っている方、販売する為に作っている生産者の方が対象だ。

昨年もお見かけした方達もちらほら見受けられる。
今年も元気に足を運んでくださったと思うと、嬉しくなる。
タイトルの、「食の安全」これに関しては、昨年講演した時には、不二家やミートホープの問題の頃だった用に思う。その後、白い恋人、赤福、吉兆と続き、そして、農薬入り餃子問題と、話の中身に事欠かない。
特に今回の輸入野菜や、餃子の問題で、いかに今の私達の生活の中に冷凍食品が占めているかが浮き彫りになったし、そんなにまでして餃子を食べたいのというくらい、中華料理も生活にすっかり馴染んできたということを思い知らされた。

昭和52年頃の食事が、欧米の人たちから、健康的長寿食として、お手本にされていた。
その頃の、食生活を思い出す必要があるようだ。
今や、安心安全は当たり前で、野菜から、デトックス効果や、酵素を取り入れる食べ方などに人は興味を移している。
旬の食材を食べていれば、デトックス効果は得られるし、発酵した漬物をいただけば、酵素も摂れる。
少し元に戻りさえすれば、あらめてこんなことを言わなくても、私達日本人は、賢く食べてきたのだ。

今日元気に会場にいらしてくださった、80歳手前のお父さんを見れば、納得する。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form