野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年04月07日

リビングフード体験セミナー

フーデックスの講習会で始めて聞いたリビングフード。
生きた酵素を摂りいれる食べ方っていったいどんな食べ方なんだろう?
これは、覗いてみるしかないでしょうということで、リビングフード協会の門を叩いた。

リビングフード試食
Raw Food(生を食べる)と混同されがちだが、大きく違う点は木の実、種子、雑穀、豆類を浸水させる事で、酵素抑制物質を取り除き、発芽させて食べるというところ。
仮死状態だったものを、生きた状態にして身体に摂りこむ、または46度?48度で死んでしまう酵素を、加熱しない事により生きたまま摂りこむことがLiving Foodという事になるようだ。
アメリカ発信の考え方なので、日本人にあった形にして、私達の食生活に取り入れていくことが大事。
日本にはもともと無かった食材で、無理な食べ方をするのではなく、あくまでも身土不二。
その土地にあったものでアレンジしていくという技術力が必要だ。
チーフインストラクターのいとうゆき先生の、ただただ外国発信の物まねをするのではない、そういった姿勢に共感した。
そして、思った以上に、美味しくいただける生の料理に、目からうろこの一日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form