野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年05月16日

奇跡の動物園 旭山動物園物語2008

もうお分かりかと思いますが、今回の北海道行きの第一目的は、旭山動物園。
なんじぇら君の動きの研究の為にアザラシを見る・・・ではなくて、ペンギンの散歩を見てみたいと行っていた母の希望を叶える為に、散歩は見れないけれどと、決行とあいなりまして・・・

水に入ろうかなぁ・・・
しかも、タイムリーにテレビでドラマが放送され。ビデオを撮ってきたわけではないけれど、なんとなくビデオを観ているような、そんな気分。
空飛ぶペンギン、上下に移動してみせるアザラシ、水中で上手に餌を取ってみせるホッキョクグマ、20mもの上空のロープを渡ってみせるオランウータン、どうやって急ながけを上るのか黒豹、吊り橋渡りをするレッサーパンダ・・・と、とにかく園のあちらこちらで、歓声が沸きあがる。
お腹を出して、ぺんぺんとたたくと、お客様が喜ぶと知ってぺんぺんするアザラシ。でも決してそれを真似しようとしないほかのアザラシ。
争いを避けて、静かに餌を待つペンギン、自分だけと言わんばかりに、突っつきまわすペンギン。
赤ちゃんの面倒を娘に任せて、悠々と空中散歩をする母オランウータン。
赤ちゃんを落っことさないかしらと、ハラハラしているのは人間だけで、母親は餌探しに夢中。
夜行性のレッサーパンダは木の上でお昼寝。
「夕方に又来るからね」の心の叫びを聞いてくれたのか、吊り橋渡りを見せてくれた。

芸をする動物園ではありませんから、お間違いなく。
確かに。
彼らの特性を熟知してこその、この楽しませ方なのだろう。
たくさんの次の仕事のヒントをいただいて、心も、頭もリフレッシュした動物園だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form