野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2008年05月28日

マルシェベジフル講座 ごぼう・アロニア

みずみずしい、柔らかい新ごぼうと、収穫にはまだ早いけれど、ジャムで味わうことができるアロニアが今月のテーマ食材。

ごぼうのトマト煮込みとアロニアのケーキ
日本と韓国のみで食用とされているごぼうは、キンピラゴボウがポピュラーで、和風の使い道しか頭に浮かばないものだが、今日は洋風トマト風味で味わっていただいた。
ごぼうは火の通りも時間がかかるということで、まず調理からスタート。
鍋に、水にサッとさらしたごぼうと、みじん切りした玉葱、セロリ、にんじんを加え湯剥きしたトマトを加え、ブイヨンと白ワインで、コトコトと煮込むだけ。
昔から民間療法として知られるごぼうは、すりおろして味噌汁に入れて夏バテ予防にいただいたり、ドジョウと煮込んでくさみ消しとしても使われる。
アロニアは、生食できないことから、知っていただくために、ジャムを使用してお菓子を仕立てて召し上がっていただいた。ビスケットを利用して、ビスケット、生クリーム、ビスケットと順に並べていって、時々ジャムをはさみながら、ロールケーキ状に並べ、全体をクリームで覆い、ラップでしっかりくるんで、冷蔵庫で一晩ねかせた。
ねかせることで、ビスケットが、スポンジのように柔らかくなるから不思議。

今日も器はあっという間にきれいになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form